2017年4月28日金曜日

ONE Music Camp 2017 出演アーティスト動画 #2

ONE Music Camp 2017
Apple Music プレイリストはこちら

ONE Music Camp 2017 出演者動画
鎮座DOPENESS×環ROY×U-zhaan / サマージャム'95

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS / 七曜日

Clap Your Hands Say Yeah "Down" (Official Video)

clap your hands say yeah - the skin of my yellow country teeth - live 2007 fib



LOSTAGE [Flowers/路傍の花]

LOSTAGE / NEVERLAND

GOING UNDER GROUND 「Teenage Last」ミュージックビデオ

トワイライト/GOING UNDER GROUND

Maika Loubté - SKYDIVER (Official music video)

Maika Loubté - Universal Metro (Official music video)

toconoma "orbit" MV

toconoma"relive" MV

MOROHA『tomorrow』Official Music Video

MOROHA自主企画「破竹」第五回/梅田Shangri-La 

宮本菜津子 - スローモーションリプレイ

宮本菜津子 - まともがわからない cover of 坂本慎太郎

OLDE WORLDE -- "Thinking About You"(Official Music Video)

Olde Worlde - Daisies, Pears, The Sky (Official Video)

ANYO - -loop

20130405 ANYO 「白い夜」 @扇町para-dice


BimBamBoom / O.E.C. Tiger roll (FUJI ROCK FESTIVAL '16)


BimBamBoom 『ChinPunKanPunBimBamBoom』~『Papa's got a brand new pigbag 』


The Wisely Brothers / メイプルカナダ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】


The Wisely Brothers「Thursday」


台風クラブ/退屈

台風クラブ/処暑


And Summer Club "Surfer Girl/Goodbye Witches" (Official Music Video)

And Summer Club 「Super Dash」2015/11/1

<ONE Music Camp 2017 開催概要>

日時 :2017年8月26日(土)

10:00開場 11:30開演
会場 :兵庫県三田アスレチック野外ステージ
出演 :U-zhaan×鎮座DOPENESS×環ROY/ Clap Your Hands Say Yeah / LOSTAGE / GOING UNDER GROUND / toconoma / MOROHA / 落日飛車(from TAIWAN) / 宮本菜津子 / Olde Worlde / lowtide / ANYO / RIDDIMATES / Maika Loubté / BimBamBoom / The Wisely Brothers / 台風クラブ / And Summer Club / CLUB SNOOZER and more!!

前売チケット料金:【入場券】5,500円 【入場券+駐車券】8,000円
※キャンプサイトの利用無料

2016年8月24日水曜日

Thank U for everything!

ONE Music Camp 2016が終わって3日が経過しましたが、
全てを出し切った搾りかすのようになっているsatoです。

改めてONE Music Camp 2016に来てくださった全ての皆さん
本当にありがとうございました!

今年は7年目で一番暑い2日間だったと思います。
山の中だから都会よりはまだマシなんですが、それでもそんな中お客さんは一生懸命重い荷物を運んで、テントを建てて、全力で楽しんでくれてました。曽我部恵一さんも言ってたけど、だれもスマホ見てなかったw

アーティストの演奏はもちろん、プールやスチームサウナやワークショップ、自分で持ち込んだビリヤードやってる人たちもいましたww

電波も悪いのもあるけど、スマホの中より目の前にある自由を選んで来てくれてる、楽しみ方を知ってる、そんな感じがして、お客さんに恵まれたフェスだなと、本当に思いました。そんなお客さんに新しいあそびを出してくれたBACK TO THE NATUREのスタッフにも、心から感謝してます。

アーティストの演奏も本当に凄かった。このアーティストならこの時間の、このステージでってことを半年も前からずっと考えてブッキングやタイムテーブルを組むんだけど、その想像を軽く超えて来てましたよね。お客さんのエネルギーもすごくって、ちょっと尋常じゃないパワーが生まれてる瞬間が何度もあった。

メインステージはたくさんの人が見てたと思うからセカンドステージのWONDER HIVEと、サードステージの猫ディスコのエピソードをひとつづつ紹介します。(全てのアーティストが素晴らしくて、エピソードを語りだしたらもう一回ONEをやらなきゃいけないくらい本当は時間が必要なんだけど)

SODA!のとき、彼らはWONDER HIVEのトリだったんだけど、1バンド目の Jinny Oops!からトレモノまでの全てのアーティストが、素晴らしく良い流れを作ってくれたんですよね。

お客さんはスタートから昼、夕方、夜、深夜へと、野外ならではの移り変わる1日の流れを肌で感じながら、最後にSODA!が出る前、すげえいい感じになってて、今か今かとスタートを待ってた。

もうこの時点でステージとしては成功なんだけど、本番前のセッティングの時間にSODA!のギターの高松さんが僕に「もう音出してもいいですよね?」って聞いてきて、僕は『演奏前のリハーサルとして音を出してもいいですよね?』って意味だと思って、もちろんいいですよ、と答えたんだけど、そしたらいきなり本番を始めたんですよw

浅野忠信さんが「ガマンできない!すぐ始める!それが俺たち!!!」ってMCして演奏が始まって、PAさんも慌てて大急ぎでスタンバイして、それに答えるようにお客さんはガンガン踊りまくってレスポンスしはじめた。

正直ムチャクチャなんだけど、あの時点でお客さんの心をガッと掴んでたし、SODA!のスタイルとしてこれ以上ない正解だと思った。お客さんも物凄い勢いで、バンドの演奏のパワーを超えてんじゃないかって思うときもあって、バンドがそれに答えてまた凄い演奏をするっていう、最高のグルーヴが生まれてた。

その演奏みてたof Montrealのケヴィンが"Get Power♪"ってつぶやいてたってのをウチの奥さんが後で教えてくれて、、もう、主催者の想像を超えるってのはこういう事だと思いましたよ。

そしてあともう1つ、最後の演奏をしてくれたfula。
ステージの猫ディスコは自分で言うのもなんだけど、バンドが演奏するにはとても厳しいコンディションで。何しろまともな床すらない、土の上だからね。それでも彼らは演奏することを喜んで引き受けてくれたんです。(この点に関して、猫ディスコに出てくれたmantravine、サラケダス、DJのLittle bitchとko-kiくん、集まってくれたお客さんにもすごく感謝してる。)

本番前、時間もない中fulaはほとんど全部自分たちで急いでセッティングを進めてくれて、演奏を始めるとfulaの優しくて爽やかで、でも実は心の奥底に流れる熱い想いが、ストレートに伝わって、めちゃくちゃ気持ち良かった。最後の曲でヴォーカルの字引さんがギターを掲げた表情と音に、涙が出そうなほど感動しました。fulaにラストを頼んで、本当に良かったと思ったよ。


ここまでにしようと思ったけど、OAUのTOSHI-LOWさんとの話もしとこう!
最初会場に来た時、上半身裸、見事な肉体美で遠くから誰がどう見ても凄いオーラの人がいてすぐに分かりました。別になにもしてないんだけどもう最初は怖くって(すいません)。でもOAUの素晴らしい演奏の後に、OAU主催のフェス、New Acoustic Campについて色々教えてくれて、同じ主催者側の立場として対等に話をしてくれて。「同士だと思ってるよ」とまで言ってくれた。あんな百戦錬磨のアーティストにそう言われて、胸が熱くなったよ。


そして最後に、ボランティアスタッフの皆さんも素晴らしかった。
それぞれ個性があって、それを生かして責任を全うしてくれたし、ONEを心から楽しもうとしてくれてた。深夜にはどう考えても疲れまくってるんだけど、笑顔でいてくれた。自ら手を上げて本気で取り組んでくれるその姿勢、心からリスペクトします。


あーまだまだ語り足りない!ぜんっぜん語り足りない!9月に打ち上げやるつもりなんで、お客さんも来たい人は来て語りましょう!
そしてまた来年、再来年、もっともっとやろう!面白いことを繋げていこう!

皆さん本当にありがとうございました!
Thank you for everything!
<sato>


2016年8月16日火曜日

出演アーティスト / JOHNSONS MOTORCAR

ハロー!ONE主催チームのsatoです!いよいよあと4日!今日の紹介アーティストはJOHNSONS MOTORCARです!まずはこちらをcheck!


JOHNSONS MOTORCAR「Johnny is a Rovin' Blade」

ハイ、もう楽しいしかないですね!ジャンルでいうとアイリッシュパンクになると思いますが良く聴くと日本の祭り囃子のようなフレーズが入っていたりと実に多国籍!結成から間もなくの約1年間の路上ライブで15000枚以上のデモ音源を売り切ってしまったというのエピソードからも分かるとおり、とにかく彼らはライヴです!こちらのフェス映像もどーぞ!

Johnsons Motorcar Live at ROKKO SUN MUSIC 2013

もう一発ライヴ!

Johnsons Motorcar/Salud! at Shinsekai

酒が進むのなんのって!フェスでこれは最高っしょ?
理屈はいらない!踊りまくってカンパイや!

<sato>

2016年8月13日土曜日

出演アーティスト / Tempalay

変幻自在の極彩色POP、Tempalay!
最近ラジオとかでもよく紹介されてるから、耳の早い皆さんならご存知かもですね、間違いなく次世代のシーンを担っていく麒麟児たちです。

彼らとの出会いは偶然なんだけど、昔から仲の良いレーベルのオッサンがTempalayって良いバンドいるけどどう?って紹介してくれて、何か名前うっすら聞いたことあったんですがこの映像みたら結構衝撃で。

Tempalay - Oh.My.God!! (Official Video)

USインディーとトロピカリズモとサイケデリックとミスチルが狂気の波乗りしてるみたいなww
歌詞も『なんて相思相愛なんだろう』とか奇妙なコードと一緒に乗ってくる。
今の東京シーンとシンクロしながらも、オリジナルな力の抜き加減とPOPさを持ってる彼らに一気に惹かれましたね。

Tempalay - Festival (Official Video)

Tempalay/sea side motel

ともだちとバカみたいにあそんで、踊って、プール入ったりとかして、音楽聴いてるときのセンチメンタルな感じ。ONEにぴったりのバンドですね、Tempalay!




2016年8月12日金曜日

出演アーティスト / Mantravine

Mantravineはシンガポールのチルな感じのジャムバンド。
2014年にSEYRAっていう同じくシンガポールの素晴らしいPOPバンドに出てもらったんだけど
そのマネジメントをしてるのがYUKARIさんっていう日本人で、彼女とはタイに行った時にタイのフェスでも偶然(日本人ほとんどいないフェスだったから、かなりレアな偶然)会ったりして、色々縁があったんです。

その彼女がこのバンドどう?って紹介してくれたのがmantravine。
とにかくバンド一人ひとりのプレイアビリティが高くて、めちゃくちゃ楽器が上手い。ちょっとサイケデリックなとこもあるんだけど日本人でもとっつきやすいジャム感があって、間違いなくONEに合うなって思ってぜひ!ってお願いしました。

Live World Chillout Music by Mantravine in Esplanade, Singapore


どうですか?多分野外で山の涼しい風にすごく合うと思います。
彼らとのONEとの出会いが、お客さんと新しい音楽との出会いに繋がったら嬉しいです。

Latin Chillout Music - Olesya by Mantravine

Somo by Mantravine ft Seyra Live at Esplanade




<sato>




2016年8月6日土曜日

出演アーティスト / Predawn

夜明け前、魂の時間。
Predawnの音楽を聴いていると、そんな特別な時間に静けさの中で、時間が止まっているような感覚になることがある。

Predawn / Suddenly


作詞、作曲、歌唱、演奏、録音などほとんど1人でこなす彼女の世界はプリドーン=夜明け前のような静けさと、孤独と、それを優しく包み込む、美しいメロディーで完結している。

鋭い集中力と美しい声、シンガーソングライターという裸で勝負しなければならない世界において、結晶のような彼女の音楽は一際輝いてみえる。孤高と言っていいかもしれない。ただ、それ故にひとりぼっちの心に響くんだと思う。


Predawn / Milky Way


TOKYO ACOUSTIC SESSION : Predawn - Keep Silence


彼女にもずっと出演してほしくて、何年も声をかけてようやく出演が叶いました。
夏の日の野外で、それぞれひとりぼっちの心に響くPredawnの音楽に触れてみてください。


<sato>

2016年7月10日日曜日

出演アーティスト / Counterclockwise

こんにちはONE主催チームのsatoです!今日はタイ北部チェンマイから来日する男女5人組のギターロックバンド、Counterclockwiseをご紹介!

2010年結成後、ここ数年でタイ国内の主要音楽フェスへの出演を次々と果たし、昨年リリースされた1stもタイのコアな音楽ファンの間で高い評価を得ています。

Counterclockwise - ดีกว่าเมื่อวาน (Official Music Video)


タイといえば過去に出演してくれたTwo Million ThanksDesktop ErrorなどUK、USのオルタナティヴをベースに独自のオリジナリティを感じさせる良質なロックバンドが登場してますが、Counterclockwiseもその流れにあるバンドといえるでしょう。

荒削りな演奏ながらもピュアな感性が溢れるギターサウンドとメロディー、シンセサウンドと女性ヴォーカルPinkの声も相まって淡い夏の思い出のようなアオハル感。キモチイイです!夏フェスに一服の清涼感と幻想を。

Counterclockwise - รอการกลับมา (Dream) [Official Music Video]


こちらのタイのサイトでもONE Music Camp出演を紹介してくれてます!
ARIGATO ขอบคุณ ครับ/ค่ะ!


<sato>